忍者ブログ

[PR]

2017年09月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北朝鮮、ついにミサイル発射

2006年07月06日
や~、ついにやってくれましたね、
この件は第一報からずっと見てましたが、色々疑問がありますね。
此方では言ってませんが、最近韓国・北朝鮮・中国 辺りの勉強してまして、
色んな所で発言とかしてるんですが、何処も書き込みが凄い事になってます。
エンジョイコリアでは、政治板のスレが凄い勢いで乱立されてて、見るのもやっとです。
韓国・中国の調査船のタイミング(特に韓国は、日本EEZに発射と同時に不法進入)
ミサイルの射線軸線上にアメリカ空母キティーホークが停泊中だった(稚内港か小樽港)
スペースシャトル・ディスカバリーの打ち上げ時刻と
1発目のミサイルの発射時刻が7分しか違わない、
アメリカは建国記念日、日本も第二の終戦記念日、
情報が錯綜してると言われればそれまでですが、
{稚内沖110㌔→稚内沖550㌔}
この変更は、凄く気持悪いですね。
(現在確認されてるのが7発、後2発撃たれる可能性有り)

・・・・と、何故か繋がるんですよね、
今回は、色々裏がありそうです。

ここで韓国ネタは、あまり出したくないんで、この辺にしときます。
っていうか、ゼノサーガ3の発売日前日に何てことしてくれたんだ! ヽ(`Д´)ノ
が、本音だったりしますw

良く行きます(H2oって名前で発言してます)
★厳選!韓国情報★

一読お勧めします
韓国は『なぜ』反日か?
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

北朝鮮の威嚇とも伺える7発に及ぶミサイル発射から沈黙が続いている。 6者協議をはじめとする様々な対話の試みを崩壊させかねない結果となったが北朝鮮が今なぜこのような態度に出たのか? 日本政府では (1)暗礁に乗り上げている6者協議や米朝協議で打開を図ろうとした (2)ミサイル能力を誇示することで国威発揚を狙った 安倍官房長官は5日午後の記者会見で 「挑発によって外交的成果を得ようとの意図もあった」 自衛隊の幹部も 「北朝鮮は何と...